枯山水サムネ

喧騒(けんそう)から距離を置き、日本人の心を癒してくれる日本庭園。向き合うことで自身を見つめなおし平穏を与えてくれる観光地としても人気のスポット。

今回はそんな庭園の中でも、日本独自の様式「枯山水」についてみていきたいと思います。豪華さや派手さはないものの、侘び寂びを感じさせる質素な趣に、日本独特の世界観を体験できます。

スポンサードリンク

「枯山水」は数ある日本庭園様式の1つ

庭園サンプル
まず、枯山水とは砂(一般的には白砂)と石をメインに、水を一切使わず山水の景色を表現する庭園様式のことを言います。
有名どころでは、龍安寺の方丈石庭(上画像)や銀閣寺の向月台があげられ、旧くから室町時代の頃より発展を遂げてきました。華美な景色ではなく、心を落ち着かせる厳格な空間は、瞑想や座禅の場として今でも活用されています。

散策するのでなく、座敷からその景色を眺め、その空間にどんな意味があるのか、石の一つ一つは何を表現しているのか、思いを巡らせ自問自答しながらその時を楽しみます。

また、水面を表現するために描かれる砂の模様は砂紋(さもん)と呼ばれ、波紋やうねりなど多彩な描かれ方をします。その他、石だけでなく橋を砂紋上に掛けることで、その下に川が流れていることを表し、より一層世界観を押し広げてくれます。

ただ、強風などの悪天候や思わぬ来訪者(スズメ、猫など)があると砂紋は崩れてしまうため、10日に1度ほど専用の砂熊手を使い補修している所が多いようです。
ちなみにこの砂熊手、模様に合わせてほぼオーダーメイドで作られた物を用いるのだそうな。

枯山水にも色々ある!種類別の有名観光地紹介!

実は、枯山水式庭園といってもそこには様々な種類があります。砂と石をメインとしながら、その地特有の立地を活かした庭園造りがなされ、枯山水への理解を深める大事なポイントになっています。
ここでは種類別に各地の有名スポットと共にご紹介していきます。

平庭式枯山水

龍安寺石庭
1番シンプルな基本形。平らな敷地に造られたオーソドックスな様式。
[観光地]
龍安寺方丈南庭 ・円通寺庭園
東海庵書院南庭 ・妙蓮寺十六羅漢石庭 など

準平庭式枯山水

瑞峯院準平庭式枯山水
基本は平庭式と同じだが、築山(つきやま)などを造り敷地に変化をつけている様式。
[観光地]
大徳寺本坊方丈庭 ・聚光院方丈南庭
普賢寺庭園 ・祥雲寺庭園 など

枯池式枯山水

枯池式枯山水(太山寺 安養院庭園)
水を用いず、実際に池があるような石組みを造り枯池を表現する様式。
[観光地]
西本願寺対面所庭園 ・曼殊院庭園
太山寺安養院庭園 など

枯流れ式枯山水

南宗寺庭園
枯池式では池を模した石組みだったが、枯流れ式では砂紋や小石を用い水流を象徴的に表現する様式。
[観光地]
大仙院方丈東庭・北庭 ・南宗寺庭園|堺観光ガイド など

特殊形式枯山水

銀閣寺の向月台と銀沙灘
白砂を用いながらも、上記には含まれない特殊な造りをした様式。
[観光地]
銀閣寺の向月台(こうげつだい)・銀沙灘(ぎんしゃだん)
東海庵方丈南庭 など

ここで紹介した寺院はほぼ全て京都にあるということで、歴史の重みを感じさせます。身近に枯山水式庭園を楽しめる場は少ないかもしれませんが、京都に旅行の際には是非立ち寄ってみてください。

まとめ

これまで庭園といっても、ただ景色を眺めそれを楽しむことしかできませんでしたが、こうして限られた空間で、何を表現し意味しているのか、思いを巡らせるだけでまた違った楽しみ方ができると思いました。

茶道や枯山水など、質素でシンプルなものに向き合い自己の内面を充実させるというスタイルは、日本独特で本当に興味深いなと。
もし庭園に興味が出れば、まずは身近にあるスポットを探してみてもいいかもしれません。

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
→「検索:庭園 周辺:京都」など

今回は枯山水を取り上げましたが、機会があればその他庭園様式である「寝殿造庭園」「浄土式庭園」「回遊式庭園」なども紹介できればと思います。

photo credit:
明月院の枯山水 (Japanese Rock Garden in Meigetsuin) via photopin (license)
RyoanJi-Dry garden” by Stephane D’AluStephane D’Alu‘s photo. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.
photo credit: Zuiho-in – The Garden of Solitary Sitting via photopin (license)
Anyoin02 1024” by 663highland663highland. Licensed under CC 表示 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.
スポット詳細:南宗寺|堺観光ガイド : http://www.sakai-tcb.or.jp/spot/spot.php?id=121
A Little Bit of Everything. via photopin (license)