New Posts
日本人の英語

英語に伸び悩んでいる人は文法書より「日本人の英語」からネイティブ感覚を学ぶべき

教養としての哲学

「教養としての哲学」は、広く浅く手軽に哲学・思想を”知る”ための初学者向け導入本

ヨーロッパ思想入門

西洋思想を学ぶならまず読んでおきたい「ヨーロッパ思想入門」でその全体像をサクッと見渡す

僕が学んだゼロから始める世界の変え方

「僕が学んだゼロから始める世界の変え方」鬼丸氏の生き方から一歩を踏み出す方法を学ぶ

読書の技法

読書を仕事に活かすとはこういうことか!が明確になる『読書の技法』で質・量の底上げを図る

世界を変えた10冊の本

名著への理解を格段に深めてくれる『世界を変えた10冊の本』でその前提と読み方を確認する

山川世界史

読み易いがゆえの欠点もあるが『もういちど読む 山川世界史』は一家に一冊あってもいい

岡本太郎『自分の中に毒を持て』

岡本太郎著『自分の中に毒を持て』の衝撃が現代人に強烈過ぎて、参考どころか人生観にも影響あり

若い読者のための世界史下巻

1935年に書かれた歴史学習入門本『若い読者のための世界史 下巻』が語る戦争とは

若い読者のための世界史上巻

独特の物語調で語られる『若い読者のための世界史 上巻』から世界史の概況を振り返る

青空文庫トップ

日本文学を自由に楽しむ!青空文庫のネット電子図書館を利用してみる

銃・病原菌・鉄 下巻

世界規模の文明格差は地理的要因が鍵だった?『銃・病原菌・鉄 下巻』が解き明かした謎

1 2 3