なぜなのか?理由
安保関連法案が盛り上がりを見せる中、そもそもなぜ戦争は起きるのかという根本の原因について改めて整理しておこうと思います。

戦争のことをあまりにも知らない自分達が、世のマスコミや多数派に見える人達の意見を盲目的に受け入れないよう、いろんな角度から戦争について考えておきたいなと。

今回は自分の知っている範囲でですが、これまで学んできた中での戦争がどのように始まったのかまとめていきます。

スポンサードリンク

生存するための争いから欲を満たすための戦争へ

戦争の歴史
旧くから人類の歴史は戦争の歴史とまで言われてきました。その歴史は狩猟民族の頃まで遡り、世界のどこかで今もなお大小の争い事が絶えません。

なぜそれほどまでに争い事をするのか。これはしたいからする、という性質のものではなく否応なしに、結果的に発生してしまうものという見方が正しいと思います。

戦争は、根本的に利害の不一致や意見の相違などによって起こる対立を、暴力で解決しようとする姿勢から生まれるもの。よって究極的には、この不一致や相違が発生しないようにすればいいのですが、現実問題としてそれは難しいところ。

では、そんな不一致や相違は具体的にどのような場面で発生し得るのか。以下にまとめてみました。

食料や資源に関する土地の奪い合い

農業、食料
争いや対立の起こる1番の理由としてあがるのが、この食料や資源の奪い合いによるものです。
古来では獲物を仕留める狩場や耕作地の取り合いに、現代では鉱物や燃料資源を求めて各国間に軋轢が生じています。

人は生きていくために食べ物を確保せねばならず、身の回りに食料が無くなれば当然次の狩場に移動します。そしてその移動した先で、すでにいる民族と狩場を巡り争いが起こるのです。
先にいた民族にとっては不条理な話かもしれませんが、生きていくために必要だからこその生存を目的とした戦いでした。

文明も進むと様々な発明品で人々の生活は彩られ、今度はその生活を維持・発展していくための資源が必要となっていきます。

今でこそ食料に関して戦争が起こるということはあまりありませんが、殊に資源に至っては中国の身勝手なガス田開発のように、争いの火種になる状況が生まれています。

国家や政府に対する不満

反政府デモ
こちらは戦争というより、内乱やクーデターを引き起こす理由としてあげられます。

国家の体制(独裁政治など)や政策に不満を持つ国民が、反政府運動を起こしたり武装化により直接政権を打倒するために戦うものです。
直近では、中東のジャスミン革命から始まったアラブの春がこれに当たり、依然として地域情勢は深刻な事態に陥っています。

また、本来独立国家であった国が吸収され、現政権に対して独立を求める運動も争いや揉め事の主要な一因です。
イギリスなどは特に、連合王国として成り立っていますが、今なお祖国への思いから独立運動への機運は収まっていません。

異なる民族や宗教間での対立

民族・宗教
意見の相違が発生する1番の理由にあげやすいのがこの宗教絡みの戦争です。
16~17世紀の宗教改革におけるカトリック・プロテスタントの対立抗争や、日本の島原で起きた島原天草一揆など、戦争や内乱の起きる理由としては十分なものに見えます。

しかし、実際のところは単純に宗教上の考え方や信仰自体が引き起こす対立は少なく、政権争いや既得権を巡る争いの大義名分として宗教が掲げられていたケースが多々あります。
そうした面から、宗教が政治的問題に用いられないよう今日のように政治と宗教の分離が進められています。

侵略・覇権主義国家との対立

独裁・専制
国家の繁栄のため、他国を侵略し土地を広げることで実現しようとする覇権国家との対立は、一触即発を伴う緊張状態を生み出します。

自国のことのみを考え、自国にとって実益のある国に対し挑発を行い、わざと戦争状態へ持ち込もうとします。利害の不一致や意見の相違以前の問題であり、国際社会を混乱に落とし入れる忌むべき存在です。


以上が、戦争や紛争の元となる利害の不一致や意見の相違が生じる4つの状況・理由です。

こうしてみると、戦争や紛争は一般的に国家や集団が起こすものですが、その根本には人間個々の欲求や心理が深く関係していることもわかります。

占領され殺されてしまうのではという恐怖・恨み、一旗あげてやろうという野心・名誉欲、既得権を獲得し一儲けしてやろうという金銭欲。こうした心理、感情が時の王や権力者に宿り、ことの全てが始まるのです。
逆にこれら以外の心理状態や思惑では、覇権主義組織・国家に巻き込まれる場合を除いて大きな争いは起きにくいのではと考えられます。

まとめ

戦争の起きる原因ということでそれぞれ整理してみましたが、特に目新しいものはありません。
いつの世も人々が争う理由は決まっていて、いかにその理由の生まれる状況を回避するか政府、そして国民が意識していなければなりません。

自国において、もし戦争が起こるとしたらどういう状況か。戦争という最悪の愚策を通してまで得られるメリットはなんのか。
時代の流れの中で、刻々と状況が変わる中その最善策をいかに講じていくか、平和ボケしていては見えてこない将来のリスクにどう備えるか。

表面的な議論ではなく、そういった現実的な背景や状況に目を向けて、少しでも具体的な方向性を検討していければと思います。

【オススメ記事】
海外でのテロやトラブルに巻き込まれる前に準備しておきたい自己防衛・護身用グッズ7選



photo credit:
August 2014D 054 via photopin (license)
Ethiopian Veterans Kagnew Battalion who served alongside U.S. Soldiers during the Korean War share experiences with U.S. Army Africa instructors in Addis Ababa, Ethiopia, 091105 via photopin (license)
DSCF5334 via photopin (license)
img057 via photopin (license)
striding via photopin (license)
Break the rules and you go to prison…break the prison rules and you go to Alcatraz… via photopin (license)