落ち込む

「いや、俺もう本当に、ダメっす。死ねば楽になれるんすかね?」
そう言われたのが3ヶ月ほど前のこと。

大学時代の後輩から、公園のベンチでそんなことを言われてしまい、さぁどうしたものかと。
聞けば新卒で入った会社を1年ちょいで退職し、あてもなくバイト暮らしを続け、気づけば27歳。焦りを感じはじめたものの、ろくな職歴もないし、ニートだってしてたし今はなんとかフリーターだけど、スキルもクソもなにもない。

ってことで「アカン、もう死んだろ」とのこと。

スポンサードリンク

全く珍しくない20代後半の無職・フリーターな人々

ハロワの職員ですら非正規雇用のこの時世、ニート・フリーターなんて珍しいものでもありません。
総務省統計局が行う労働力調査(2016年7月)では、25歳から34歳までの男女合わせ約52万人が完全失業者とされており、非正規雇用にいたっては約291万人にのぼります。

正規雇用が約769万人いることから、この年代の3割強は無職・フリーター(派遣)としての生活を余儀なくされています。

3人に1人が、無職・フリーター。

特に家庭を持ちながら非正規で働く方や、生まれつき身体の弱い方々は、正社員になれるかなれないかで日々の生活に大きな影響が出てきます。

当然立場や待遇だけでなく、精神的にも不安定になりがちですし、自分の後輩もご多分に漏れず、不安と焦りの中で押し潰されそうになった末の「死にたい」発言。
その場はなんとかなだめたものの、自分としても何かできることはないかなと。

正社員になりたければ、ハロワでなく、使えるサービスは使っておけ

人材紹介サービス

そんな中見つけたのが、大手含めた人材関連企業が運営する既卒・ニート・フリーター向け就活支援サービス。

一般的な就活サイトでは見つけにくいor数の少ない未経験者OK求人や、書類選考無し求人などが充実している、まさになんで教えてくれなかったの案件。

その上、飲食や介護、土方SEなど求人の幅が限られるハローワークとは異なり、メーカーや物流・貿易、会計事務所やIT企業(コンサル、広報など)といった幅広い職種で募集を行っている点もポイントです。

また、専任のアドバイザーがつき、ビジネスマナー、みだしなみ、履歴書の書き方、面接の受け方などみっちりサポートしてくれるのは当然で、人事経験者の中には元経営者だった方が直接レクチャーしてくれるサービスもあります。

求職者側の不安やニーズを大いに汲み取り、知っているだけでも相当心の支えになってくれるはず。
ということで、以下で既卒やニート、フリーターを対象とした就活支援サービスを4つほどご紹介していきます。

TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業
(株式会社インテリジェンス)

tokyostartline

脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業

まずは人材系ド大手で有名な、インテリジェンスが運営する若者正社員チャレンジ事業です。

「脱・ニート!脱・フリーター!脱・ハケン!ゼロから正社員としての就職に挑戦」というコンセプトを掲げ、フリーターやニート期間の長い方、働いた事がない方であっても積極的に受け入れてきています。

なんといってもポイントは、大手だからこその好待遇。
事前のカウンセリング、セミナーはもちろん、適性に合わせ希望した企業で、約20日間の企業内実習を体験できます。仕事場の雰囲気や業務内容を事前に知ってから、就業するかを決められるため、ミスマッチが起こりにくいという点は重要です。

また、実習中も普段の生活を考慮し、その期間に応じ最大10万円の『キャリア習得奨励金』があるなど、求職者のことを本当に考えてくれているサービスです。

「最短28営業日で正社員に!」と謳っていることから、来月から自分が正社員で働いている姿をぜひ1度想像してみてほしいと思います。
これまで、どこにも雇ってもらえず悩み苦しんできた中、やっと正社員として働けるチャンスがこの1~2ヶ月で掴めるかもしれない。

その苦しみを経験してきた方なら、必ずこのチャンスを活かせると思いますし、諦めかけていた方であっても一縷の希望となるはずです。

参加条件は多少限られ、以下のようになっていますが、満たす方であればWeb登録からぜひチャレンジしてほしいと思います。

大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3 年以上が経過した29 歳以下の求職者で、以下の要件のいずれかを満たす方

・卒業後、就職・就業経験がない方
・卒業後、非正規での就業経験のみの方
・直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)

ハタラクティブ

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】
(※うまく表示されない場合は、Adblockを解除してご覧ください)

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県での就職希望者に、ぜひオススメしたいのがハタラクティブです。
もちろん、他県から上京して働きたい、という方も幅広く受け入れており、地元では正社員就職がなかなか難しいというケースでも、対応してくれている点はポイントです。

一般の求人サイトでは見つからない、非公開求人を多く抱えており、実際に足を運んで確認してきた職場約1000件以上の中から紹介してくれます。
就職してからも安心して働ける職場環境なのかを、事前にハタラクティブのコンサルタントが確認してくれており、はじめての就職でも心強い味方となってくれています。

20代で、1都3県での就職を希望される方であれば誰でも応募することができるため、まずは気軽に相談しながら、都心での正社員ライフへ一歩踏み出してみてほしいと思います。

JAIC(株式会社ジェイック)

jaic

優良企業20社と書類選考ナシで面接ができる就職イベントを開催!就職ならジェイック!
(※うまく表示されない場合は、Adblockを解除してご覧ください)

マスコミにも数多く取り上げられ、今では15,000人以上の就職支援実績を誇るジェイック。
大手~中小企業の社員研修を提供してきたノウハウや、信頼できる企業ネットワークを活かし、既卒者就職を強力にバックアップしてくれます。

企業の社員教育からスタートした会社だからこそのきめ細かいサポートや研修。さらには、多くの優良企業と直接面接できる集団面接会も実施しており、職を得るに万全の環境が整っています。

また、なによりも嬉しいのが、こうした就職支援の説明会を全国各地で行っているという点です。
関東(東京・千葉・神奈川・埼玉)のみならず、愛知、大阪、福岡、宮城でも実施しており、直接話を聞きに行ける場があるという点は是非押さえておきたいところ。

IT、広告代理店、商社、メーカーなど多様な企業の中から、厳選して20社を紹介してくれ、会社上層部の方とも早い段階から話すこともできるそうです。書類選考なども無く、範囲を絞り効率的に就活を進めていきたい方に、ぜひ活用していただければと思います。

第二新卒ナビ(株式会社UZUZ)

第二新卒ナビ

既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート、書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】
(※うまく表示されない場合は、Adblockを解除してご覧ください)

一風変わったサイトで、第二新卒・既卒者を応援しているのが、株式会社UZUZの第二新卒ナビです。
もともと、既卒・フリーター・第二新卒者が未経験から正社員になれる、実践型の就活スクールを運営しており、そのつながりから、特に第二新卒を積極採用している企業を紹介しているそうです。

カウンセリングや書類添削といった1人20時間にも及ぶ手厚いサポートや、企業との面談日程なども代わりに担当してくれるスタッフのお陰で、採用選考に集中できる点は非常に魅力的。

特に、カウンセラーはほぼ全員が既卒もしくは第二新卒出身者だそうで、なかなか周囲が理解してくれない孤独な立場をしっかり受け止め、本音で語り合えるパートナーがみなさんを迎えてくれます。

気張らずに、まずは自分を理解してくれる人を頼る感覚で、一度相談してみてはいかがでしょうか。

仲間がいるという安心感が、次への一歩の原動力

仲間

そんなこんなで、これらのサービスを見つけてから、例の後輩に紹介し一度話を聞きに行ったらどうかとすすめてみました。

はじめは渋々で、どうせ話を聞くだけでなにも変わらないんだろう、と思っていたそうですが、実際相談会に足を運んでみてから徐々にその様子が変容。

2週間後には、これまで自分と接してきた中で、いい面と悪い面はどんなところだったかなど、これまで聞かれたことのなかったような質問をしてきたりと、明らかに姿勢が変わってきたと感じました。

こちらとしても、紹介しただけでずいぶん変わるもんだなーと思い、ついその理由を尋ねてみたところ、やはり「自分1人じゃない」という安心感が猛烈に影響しているようです。

「これまで劣等感しかなく、ネタにすることもできなかったけど、周りが自分と同じような境遇の人ばかりの環境に行って、ヘコンでるのがバカらしくなった」そうな。
セミナーや研修会に参加している方々は、もちろんみな元ニートや元フリーター。そんな中で、これまで感じていた劣等感が1度リセットされることにより、より冷静に自分と向き合え、真剣に将来について考えられるようになったとのこと。

確かに、求職者同士で励まし合ったり刺激し合あえる環境もまた、就活における大きなポイントだったなと。
新卒での就活のときでさえ、お祈りされるたびにメンタルを保てたのは、周りの友人・仲間がいたからだったのは間違いないはず。

卒業してしまうと、どうしてもその仲間との関係性は変わってきてしまうため、自分1人での戦いになりがちですが、そういった面で、こうした就職支援サービスを利用できるのは良いことだなと感じました。
つい無料のカウンセリングや研修講座などに目が行きがちですが、こうした求職者自身ががんばれると思える環境こそが、なにより重要だと思います。

他にも、自分自身に関心が向くようになったからこそ、相手のことも気遣えるようになってきたなど話してくれ、人はいかに環境によって自分の力を出しきれずにいるだけなのだと改めて。

そんなわけで、彼の変わりようを見ながら、こういった人にこそ知っておいて欲しい、利用すべきサービスをがまだあるんだなと思いまとめてみた次第です。

追い込まれるからこそ本当に辛い。だからこそ、周りに頼っていいんだということだけは忘れないでいてほしいと思います。

結局、後輩からはその後1本のメールをもらい、無事就職できたわ本当にありがとう!的なメッセージの最後に、まさかの一言、ちょっと気になった人できたから告ってくるわ(笑)と。

進◯ゼミの冊子か