こんな本との出会い方があったんだ!ということで、

「最近よさげな本が見つからない!」
「同じような本ばかり読んでる」という方へ。

今回は「”人とのすれ違い”をきっかけに、”本との出会い”が訪れる」アプリ『taknal』をご紹介します!
もうその発想はなかった案件で、このディスタンス時代にもぴったり。

スポンサードリンク

すれ違いが、新たな本との出会いを生む

taknal-トップ
▶ 本との出会いが、あなたの日常に発見をくれる taknal https://taknal.app/

サービスはアプリとして提供されているので、まずはアプリをダウンロード。
起動して初期設定が完了すると、メイン画面の「タイムライン」が表示されます。

すると早速今日?すれ違った人のおすすめ本が流れてきましたね!最初は10冊でしたが、少し経ったら14冊に増えたりしていてなかなか動きもある模様。

表示されている位置情報が、市区町村単位となっているので、その範囲で使っているユーザーのおすすめ本情報がそのまま流れてきた感じでしょうか。
気になった書籍をタップすると、その本の詳細やおすすめする人の100文字コメントが確認できます。

taknal-詳細

シンプルな設計で、余計な説明や操作がないのもいい感じ。
アプリを起ち上げて、パーッと流し見して、気になったらコメントに目を通しお気に入り登録へ。そんな感じの使い方で、本との出会いがとても手軽にできちゃいます。

taknal-いろんな本
※クリックで拡大します

はい、もう早速ですが濃いのが流れてきますよねぇ笑

人間をお休みしてヤギになってみた結果
出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記
通い猫アルフィーの奇跡

まさに自分では手に取らないような本ばかりだし、こういう本あったんだというラインナップ。
まずヤギにはならんやろだし、そんなんなかなか紹介されないでしょだし、アルフィーの表情がほんといい。

出版翻訳家の人の話なんて、後悔してるだけでなんだかんだ続けているのかと思いきや、足を洗うまでの経緯とか絶対すべらんな的な。

いや求めていたものがここにあったとはまさに。
自分の守備範囲が狭いこともありますが、今日流れてきた本すべて知らないものばかりでこの出会いに感謝。

ということで、自分も何かをおすすめしようと「マイページ」から早速登録。

taknal-おすすめ本登録

自分は岡本太郎さん好きすぎなのでまずはこれで。
読んでる最中からアドレナリン出まくりで、生き様が爆発しているのでおすすめです。誰かとすれ違えたらお気に入り登録してくれるかなぁ。

<関連記事>
岡本太郎著『自分の中に毒を持て』の衝撃が現代人に強烈過ぎて、参考どころか人生観にも影響あり

本を探すではなく、本に出会う体験。
小さなことですが、1日の楽しみが増えそうなアプリですね。みなさんからのおすすめ本、機会があればぜひ読ませてください。

created by Rinker
¥663 (2021/07/25 23:37:44時点 Amazon調べ-詳細)